生活の知恵

リビングのフローリングの寒さ対策にコルクマット!赤ちゃんがいても安心!

スポンサーリンク

になると、フローリングは余計に寒さを感じてしまいます。
素足で歩くとその冷たさがひしひしと。。。
リビングは家族団らんの場なのに 足元が寒い!って残念です(´;ω;`)

というわけで今日は、フローリングの寒さ対策について紹介します!

リビングのフローリングが寒い!寒さ対策どうしよう?

フローリングで一番簡単に寒さ対策が出来そうなものとして、カーペットを敷いたり、ホットカーペットを敷いて使っている人が多いと思います。

カーペット、あったかいんですよね!あったかいんだけど
切り離せないのがダニ問題!

いくら防ダニ加工の絨毯でも 効果があると思ったことが・・・・ない・・・(小声) 私は経験無いのですが、旦那様が「ダニに食われた、かゆい」とたまに言っていました。

また、何かこぼしたらシミになっちゃう問題もありますよね。
頻繁に洗って干せるものではないですし、食べ物をこぼしちゃうとさらにダニの天国になっちゃいます。

我が家では赤ちゃんがハイハイするようになって、ダニが多い絨毯は良くないと思ってじゅうたんを敷くのを止めちゃいました!

でも、そうすると冬は寒いです、カーペット以外で何かないかな?
と探していたのですが、ありました!

リビングにぜひおすすめしたい寒さ対策にもなるこんな素敵なものを見つけました!

スポンサーリンク

赤ちゃんのためのフローリングの寒さ対策としておススメはコルクマット!

見つけちゃいました、とうとう見つけちゃったんです。

子どものためと思って買ったら、自分が一番幸せでした・・・✨
これを使い始めて1年経たないかな?くらいなのですが、とにかく「いい」の一言!!!

リビングに絶対おすすめ!コルクマット

コルクと聞いて、あなたは何を思い浮かべますか?
コルクボード、ワインのコルク、コースター、、、などと、割と私たちの身近にあるものだと思います。

コルクは無数の小さな細胞から成り立っているのですが、
1平方センチメートル当たり2000万~4000万個もあり、この細胞の中に空気を持っているために、保温、吸音、断熱などの優れた特徴を持っています。

このコルクでできたものを床にカーペットの代わりに敷くことで、寒さ対策ばっちりできちゃうんです。

その名も コルクマット!!

フローリングは床自体が冷たくなって冷えますが、コルクマットは、床下からくる冷気をシャットアウトしてくれます。

本当にぜんっぜんちがうんです!

赤ちゃんにとって床はとっても近いです。
ハイハイしたりお座りしたり、つかまり立ちしても高さが低いので床からの冷気が遮断されていないとたまらなく寒いはずです。

でも、このコルクマットを敷くとその寒さも全然違ってきます。
赤ちゃんから感想を聞くことはできないので、にゃんすけに代弁してもらいました。

にゃんすけ
にゃんすけ
暖かいにゃー

そして、コルクマットは緩衝もしてくれるので、仮に赤ちゃんがおでこをゴツンと打ってしまっても大丈夫!気を付けてあげるには越したことないのですが。

スポンサーリンク

コルクマットは汚れやダニにも強いんです

そして、コルクマットがカーペットに比べていいところ

それは、汚れに強い!

カーペットなどの絨毯系って、何かこぼしたりすると洗わない限りずっとそこだけ汚れていませんか?特に牛乳なんてこぼした日には・・・・。
どんなに水拭きして、から拭きしたとしても、完全に取れないというか。ニオイは残っている気がするし。簡単に洗えないですし。。。

ところが、コルクマット撥水加工がされていますので、その問題がありません。

ミルクやジュースをこぼしても撥水なのでサッと拭くだけなのです!

我が家では、食べこぼしはおろか、コップごと落としまくる2歳児がいますのでさっと拭くだけなんて、最高なんです✨

また、タイル式なので、汚れがひどい場所だけを外してそこだけを洗うってこともできちゃうんでとても便利です。


~ダニはこないの?~

我が家ではコルクマットにしてから、一度もリビングでダニに噛まれたことがありません。

コルクにはもともと抗菌成分も含まれています。ワインの栓になるくらいですものね!
ダニを寄せ付けることなく過ごすことができますので、赤ちゃんにも安心です!!

スポンサーリンク

コルクマットのメリットデメリットをまとめます

コルクマットのメリットは

 ダニが発生、増殖しない

 撥水なので掃除がしやすい

 とても肌触りが良い

 ジョイント式なのでひどく汚れた場合はそこだけ買い替えればよい

 弾力があるので赤ちゃんが動きまわるのにも危険が少ない

 お部屋に合わせてカットできる

というものがあります。

最近では熱に強いコルクマットもありますので、
床暖房やホットカーペットに上に敷くこともできます。

 

もちろん、デメリットも

 ジョイントの部分のコルクが使い続けていくうちに剥がれてくる
⇒ジョイントマットの宿命です。コルクマットに限らずつなぎ目が反ってくることがあります。

 コルク独特のニオイが最初はキツイ
⇒完全に最初だけです。新品の財布のような気になるニオイがありますが、すぐ取れますよ♪

 厚みがあるので段差が気になる                        ⇒部屋全体に敷き詰める以外は段差がどうしてもでます。

特にホットカーペットの上に敷くと段差がどうしても出来てしまいます。

コルクマットはカビにも強いのですが、使い方次第ではカビでしまうことも。
コルクマットの上にカーペットを敷いたり、敷きっぱなしで一度も掃除しない・・・となると、もちろんカビが生える可能性があります。

敷きっぱなしにせず、たまには剥がして乾燥させたり掃除機をかけることも大切ですよ♪

スポンサーリンク

フローリングの寒さ対策についてまとめ

いかがでしたか?フローリングはダニの心配が要らない分、底冷えするような冷たさが残念ですよね。

そこにカーペットを敷いちゃうとせっかくのフローリングの良さが・・

そんな時、コルクマットがとってもオススメです。

特に小さいお子さんがいるご家庭ではオススメです。赤ちゃんがハイハイしたりお座りしたりするのにも、安心安全です(*´ω`*)

 

ちなみに我が家で使わせていただいているコルクマットはこちらです♪