生活の知恵

たこ焼き用のタコは刺身用でもいい?その選び方と切り方とは!!

 

スポンサーリンク

友達や家族で楽しくホームパーティ♪で、たこ焼きがその選択肢にあがるのはもはや定番ですよね♪
たこ焼きは、みんなで囲んでワイワイ作れば それはそれは楽しい時間が過ごせちゃいます。

たこ焼きと言えばタコ! タコなんだけど、

「あれっタコって、刺身用のタコでもいいんだっけ!?」
「あれ?生のタコってそもそも売ってるっけ?」

と そんな疑問が起こったので今日は記事に残しておこうと思います(*´▽`*)

たこ焼きのタコは刺身用でもいいの?

たこ焼き用のタコって、どれを飼えばいいんだろう?
その道のプロでもない限り、悩むことありませんか?

頻繁にたこ焼きするなら分かるのだろうけど、年に数回程度しかたこ焼きパーティしないご家庭もあると思います。
我が家もたこ焼きパーティするのって、年に1回あるかどうか・・・。

となると、毎度たこ焼きのタコについて悩んじゃう私です。

結論から言うと 「刺身用のタコ」でたこ焼きすることはもちろんOKなのです。

基本的に、刺身用として売られているタコを見てみるとボイルしてありませんか?タコは生だと、ヌメッと半透明のような色だけど刺身用として売られているものはこんなのが多いはず。

身が白くなっているので、しっかり茹でられているか蒸されているはず。

これは「このままで食べられます」という意味の刺身用なので、何につかっても大丈夫なんです!!

もちろんたこ焼きに使えますし、余ったらサラダに入れたりもできますね(*´ω`*)

で。 この刺身用のタコの使い方なんですが。

世の中の忙しい主婦の方の意見をネットでとにかく調べまくってみたら、ほとんどの方が「生食用のタコを下ゆでせずにそのままたこ焼き器にイン」なんです。

仕事中にお客様たちにたこ焼きについて聞きまわってもみたのですが、やっぱり「刺身用をそのまま切ってイン」でした!

下茹でする方もいらっしゃったり、酢水で洗って下茹でする・・・大根で叩いて柔らかくして茹でる・・・なんて意見もあったのだけど、この下茹でが実は厄介のようです。

「下茹でしたらタコが茹であがりすぎてゴムみたいにガッチガチに固いタコになってしまった」という意見がぼろんぼろん出てきました。
こ。。。こわい。

硬いタコになっちゃったらタコ焼きもおいしくなくなっちゃいますよね。
刺身タコなら、柔らかいまま使えてGoodです!!

 

※刺身用は刺身用でも、スライスされているものではなくブロックで売られているものを買いましょう。

スポンサーリンク

たこ焼きの用のタコの選び方は?マダコ?ミズダコ?

たこ焼き用のタコは刺身用でもOKと書きました。

でも、もう一つ問題があります。

タコには種類がありますね、どのタコが良いのでしょう?

におススメなのは、「マダコ」と呼ばれるタコです。タコは大きく分けると「マダコ」と「ミズダコ」に分けられるのですが、見分け方としては色と大きさかなと個人的に思っています。

マダコは”全長約60センチ程度”に対して、ミズダコは大きいものだと全長3m~5mにもなるそう!!!

スーパーなんかで、大ぶりのタコ足などが売られていたらミズダコと考えられそうです。見た目も少しくすんだ色味でぶよぶよしていて、見るからに水分を含んでいるような。

ミズダコは別名でオオダコと呼ばれているほど大きな生物なのですね(*´ω`*)どっちか分からない場合は店員さんに聞いてみてくださいね♪

そして 最も重要かもしれないこの タコの見分け方・・・!

タコはメスを選ぼう!!!

タコの世界にももちろんオスとメスがいます。そしてオスは固く身が引き締まっており、メスのほうがやわらかく食べやすい・・・とのこと。

たこ焼きに入っているタコは 硬いものよりも、柔らかくいほうが食べやすいですよね?
そう言う方には、メスを断然おススメします。

でも、オスとメスってどうやって見分けるの?ってなりますよね?
実はこれも簡単に見分けられるんです!

オスメスの見分け方はタコの足の吸盤の並び方で!

オスとメスを 足だけで見分ける場合、吸盤をよく見れば一目瞭然!
吸盤の並び方や大きさにその秘密があります。

オスの吸盤はこのように大きな吸盤と小さな吸盤が並んでいます↓

メスの吸盤はこれとは逆で、比較的小さめの吸盤が同じ大きさで美しく2列に並んでいます。↓

 

オスは縄張り争いやメスを奪い合うときにケンカするのですが、この時に吸盤が武器になるとか。どう武器にして戦うのかはわからないのですが、どうやらケンカのために大きな吸盤が必要らしいのです。

その点メスは、オスのようにケンカをすることがないので大きな吸盤が必要ない・・・ことから 小さく美しい吸盤が並んでいるようですね!!!

で、もしかするとなのですが「ボイルしたらカチコチになってしまった!」とか「ゴムみたいな食感のタコになってしまった!」の原因のひとつとして考えられるのが、オスのタコだったから か も しれません。

 

タコ焼きのタコは歯ごたえよりもトロッととろける衣に合わせた柔らかいタコがおすすめなので、吸盤がきれいに並んでいて、吸盤の大きさが揃っているものを選んでくださいね(*´ω`*)

ただ、歯ごたえ抜群のタコがいいんじゃい!っていうあなたは、敢えてオスを選ぶ!というのもアリですよ♡

刺身コーナーに、「蒸しタコ」や、「茹でダコ」などと表示されたものがある場合は、茹でダコがおすすめです。

蒸しダコは茹でダコよりも水分が抜けやすく、固いことが多いです。

 

もう一つ、タコには国産とモーリタニア産がありますがどっちが良いのでしょうか?

日本人は特に、国産=良いモノと思って国産モノを選びがちです。
輸入物よりも良いと思っちゃいますよね。

国産タコは、加熱することによってより身が締まりさらに固くなるそうです。
刺身には向いていますが、タコ焼きにするには少し固いかもしれません。

モーリタニア産の茹でタコの方が柔らかく、タコ焼きには向いているという意見をたくさん見かけました!

どっちが良いか? 私は安い方で良いと思います
すると、「モーリタニア産の茹でタコになっちゃいますね(*´ω`*)

スポンサーリンク

まとめ

まず大前提として、私はたこ焼きのエキスパートではなく、たこ焼きのプロでもありません。
いち主婦の戯言として読んでくださると嬉しいです(*´ω`*)

 

そこを踏まえて。。

1.刺身用のブロックタコでも全然OK!

刺身用ブロックタコなら茹でる必要もなく便利です!

2.柔らかいタコが好みの場合はメスのタコを選ぶ
メスは、吸盤の並びがきれいで大きさが揃っている


3.タコは国産・モーリタニア産どっちもOK

国産が良いかどうかは好みの問題

*安い方で良いと思います

 

さぁ、今日もタコパで楽しみましょう!

 

最後までお読みいただきありがとうございます( *´艸`)